勃起薬おすすめ

ED診療の実際

成人男性なら誰でも起こりうるED(勃起障害)。こう言われてもピンとこない方が多いと思います。しかし、EDの主な原因が、仕事などのストレスや最近増えている生活習慣病が関係していると言われれば、あれっ?と思い当たる節があるという方が多いのではないでしょうか。


ED患者の最近の傾向

日本のED患者数はどのくらいか?

中程度ED(時々性交に十分な勃起を得ることができ維持することもできる)が870万人、完全ED(毎回、性交に十分な勃起が得られない。また、維持もできない)が260万人の合わせて約1130万人になるという推計があります。

年齢層の傾向は?

年齢に関係なく誰でもなりうる男性病なので、20代から80代までと幅は広いですが、最近は40代から50代の方が増えてきています。
この年代になると仕事でも家庭でも責任が重くなりますが、そのストレスが性生活に影響しているのかもしれません。
年代順では一番多いのが、60代、ついで50代、70代の順番です。


EDの原因はふたつあります

心因性EDの原因

器質性EDの原因

不安・ストレス性障害・仕事・経済状態

生活習慣病(高血圧・糖尿病など)

パートナー側の性的問題

手術及び外傷

トラウマ・虐待

加齢に伴う身体的異常

予期不安

薬剤などの可変因子

抑うつ(うつ病)

ペロニー病など構造上の異常

対人関係・情緒障害・自責感

思い込み・誤解・性に関する信念・性教育不足

ひとつは心因性のED。日常生活のチョットしたことがきっかけとなり起こってしまいます。例えば、失恋や夫婦間のトラブル。対人関係や仕事上のストレスが原因でなってしまうEDです。


もう一つは器質性のEDです。加齢による身体的な異常もそのひとつですが、最近特に多いのが、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因となっているケースです。
喫煙、飲酒、バランスを欠いた食生活、そして運動不足などによって内臓脂肪型の肥満が増えてきていることが背景にあると考えられています。


ただし、EDの患者さんは心因性と器質性の要因が絡み合っていることが多くあります。


意外にシンプルなED診療の実際

では、EDの診療はどのように行われているのでしょうか?
それぞれの病医院で多少の違いはありますが、泌尿器科ではおおむね次のような流れになります。まず、受付で待っている間に質問用紙に現在の症状を書きます。その後で、医師はそれに基づいて問診、診察、血液検査を行います。そして、患者さんの状態にもよりますが、多くの場合は来院した日に薬を処方されます。


EDの診察に加えて、メタボリック症候群の診断基準であるウエスト周囲径を測り、糖尿病、高脂血症、高血圧の検査をし、生活習慣改善の取り組みを行います。これは、EDの原因を確認するのに加えて、患者さんにとっても大きなメリットがあります。


治療法はどのように?

基本的にはED治療薬で治療します。
心因性ED、器質性EDのどちらにでも、ED治療薬は効果的で、硝酸剤などの一部の薬剤との飲み合わせに気をつければ、安全に使用できます。


効果を実感した患者さんの声には、「若返ったようだ」「生まれ変わったようだ」など今までできなかったことができるようになったことに対する、患者さんの驚きや喜びの声が聞かれます。
サッカーのワールドカップ開催時期には、「まさにサポーター(ED治療薬)のおかげで、勝ち点3を取った気分でした。」という方もいました。


再診される割合は?

7から8割の方が再診を受けます。ただし、特に若い方で心因性のEDの場合は、ED治療薬がきっかけで、自身を取り戻してその後の治療薬が必要なくなり、受信しなくなる人もいます。


ED治療薬は安全か?

多くの患者さんに処方されていますが、基本的に安全な薬剤です。
副作用としては、鼻が詰まる、顔がほてるという症状があります。これは心配するほどのことはありません。依存性や習慣性もありません。


服用するだけで効き目があるんですか?

いいえ。服用するだけでは勃起は起きません。ED治療薬は勃起機能をサポートする薬です。脳に作用する薬ではありません。つまり、服用してから健康な男性と同じように性的な刺激がないと勃起は起こりません。
ED治療薬の作用メカニズムを十分に理解していないと誤った服用方法を取り、効果が出ない場合があります。医師の説明をしっかり聞いて、ED治療薬の効果を実感し、喜びを噛み締めたいものです。


ED治療薬は必ず医師による処方で

心配なのはインターネットで個人的に入手できる偽薬です。どんな不純物が入っているのかかりませんし、思わぬ健康被害が発生する可能性が高いです。つまり、安全性が確認されていないので非常に危険です。ED治療薬は必ず病医院で処方してもらったものを使うようにしましょう。


病院はこんなところを配慮しています

ED外来では、患者さんの視点をもって配慮されています。例えば、受付での質問用紙の記入は、看護師や周りの患者さんの目が気にならないように、患者さんと医師が1対1で話を聞くというのが一般的になっています。また、2回目以降の薬は口頭でなく、用紙に記入して受付に渡すなど、病医院でも色々配慮されてきています。


一人で悩まない

自分でEDの疑いを持っていたら、一人で悩まずに病院へ行って医師に相談することをおすすめします。


ED治療薬は安全で有効性が高い薬です。正しく服用することで、あなたにとって役立つ薬です。
それに、EDを悪い生活習慣を見直すきっかけにすると良いです。より健康的な毎日が送れるので、生活習慣病が気になる方はED予備軍の可能性があります。朝勃をチェックして見ましょう。


日々のケア

生活習慣病などによって、男性ホルモン(テストステロン)の生成は低下します。男性ホルモンの低下はもちろん勃起力や性欲などに影響を及ぼします。
普段の生活で不足しがちな男性ホルモンをフォローする栄養分を、天然もののサプリメントでケアすると効果的です。


<<<安心して勃起につなげる最強サプリコンビはこちら>>>