勃起薬おすすめ

50代の精力をチェック、回復のカギは男性ホルモンにあり!!

最近疲れが溜まってる。元気が出ないなと感じていませんか?
集中力の低下や無気力、不眠、性欲の低下、勃起障害などの症状があれば、男性ホルモン(テストステロン)の低下を疑うべきです。
男性の体をコントロールするのに重要な役割を担う男性ホルモンは、20代前半をピークに年ごとにその分泌量は減少していきます。
この男性ホルモンが大きく減少することで、こうした症状が現れます。実は女性だけでなく、男性にも更年期障害が現れるのです。


クラチャイダムゴールド


50代の現実

50代男性の気になる精力はやはり、「我が息子」のことですね。
ここで驚きの現実があります。50代男性の66%、半数以上の人がいままでにED(勃起障害)を疑ったことがあります。また、1年以内のセックスで勃起が不十分でうまく行かなかったことがあると答えた人が72%と7割に達します。このような症状があっても、泌尿器科を受診する人は殆どいません。恥ずかしいことや、年だから仕方がないという理由です。


男性ホルモン(テストステロン)の減少に注意が必要

男性ホルモン(テストステロン)とは

テストステロンはいくつかある男性ホルモンのうちの一つですが、精巣で作られていて、男性ホルモンの95%もの割合を占めています。
男性らしさを作るテストステロンは、骨や筋肉の強化や勃起力に重要な役割があるNO(一酸化窒素)や精子を作る作用や性欲などにも大きく関わりがあります。また、こうした男らしい姿だけでなく、精神的な面でも、冒険心や正義感などの男らしさに作用しています。


50代の精力チェック

そもそも精力があるとはどういうことでしょうか? 50代にもなれば人それぞれ、自分の精力バロメーターはお持ちかと思いますが、健康で元気であることが前提にあることは間違いありません。
男性の精力なので、ここで、テストステロンの数値が高い男性の傾向をあげてみます。これ確かに、精力高そうです。


  • 冒険心が強い、達成感や経験値を獲得したい。
  • 印象的な短い言葉で人の心をつかむのがうまい。
  • テストステロンの値が高い人は、低い人から慕われるためリーダーになりやすい。
  • 空間認知能力に優れているため、地図を読むのが得意。
  • 縄張り意識が強い。
  • 納得できる理由があれば、自分を犠牲にしても会社のために尽くす。
  • 激辛を好む傾向にある。

朝勃ちチェックは大事

最近朝勃ちしてますか?
はっ?と思うかもしれませんが、これかなり重要なポイントなんです。日々の生活の中で、まず朝勃ちがあるのかないのか。ここを定期的にチェックしておかなければなりません。1週間位ないならまだしも、1ヶ月も朝勃ちがないとなれば、すぐに病院へ行くことをおすすめします。


ただ、睡眠時間が不規則など人は特に、朝勃ちのタイミングで必ずしも起きるとは限らないので、簡単にチエックできる方法をお伝えします。
切手を準備します。寝る前に自分のペニスにぐるりと一巻きして寝てください。朝起きて切手のミシン目が切れていれば勃起をしていた証拠になります。
えっ?こんな方法でいいのと思われるかもしれませんが、これが医者がすすめるお手軽朝勃ちチェック法なんです。


ちゃんと朝勃ちしてるよという人は、定期的にチェックをしていくと良いでしょう。また、朝勃ちに不安という方は、次のED自己診断をやってみてください。

ED自己診断
質問
Q1 勃起をしてそれを維持する自信はどの程度ある?
非常に低い 低い 中くらい 高い 非常に高い
1点 2点 3点 4点 5点

Q2 性的刺激によって勃起したとき、挿入可能な硬さになる頻度はどのくらい?
ない、ほとんどない たまに 半分ほど だいたい毎回 ほぼ毎回、毎回
1点 2点 3点 4点 5点

Q3 性交中、挿入後に勃起を維持できる頻度はどのくらい?
ない、ほとんどない たまに 半分ほど だいたい毎回 ほぼ毎回、毎回
1点 2点 3点 4点 5点

Q4 性交中、最後まで勃起を維持するのは困難?
ほとんど困難 かなり困難 困難 少し困難 困難でない
1点 2点 3点 4点 5点

Q5 性行為をした時、満足できる頻度はどのくらい?
ない、ほとんどない たまに 半分ほど だいたい毎回 ほぼ毎回、毎回
1点 2点 3点 4点 5点

結果
22-25点 EDなし。あなたの精力は正常です。今後も健康でいられるように予防維持行動をしましょう。
17-21点 軽度のED。精力が衰え始めています。今すぐ予防改善を始めましょう。
12-16点 軽度から中等度のED。勃起機能はメンタル状態を改善すると変化することもあります。
8-11点 中程度のED。生活を改善しても変化がない場合は、早めに医師に相談しましょう。
5-7点 重度のED。できるだけ早く医師の診断を仰ぐと良いでしょう。

これは国際的に共通したチェックシートになります。やはり、重度のEDの方には、まず病院へ行って一度診察をうけることをおすすめします。


50代の精力回復する方法

男性ホルモン(テストステロン)の減少の原因は大きく3つになります。


  1. 加齢による減少
  2. 良くない生活習慣
  3. ストレス

この内、加齢によるテストステロンの減少は仕方のないことです。また、一方で、個人差も大きく、80代でも20代と変わらない数値をしている方もいます。
大事なのは、急激なテストステロンの低下にならないように自分の生活をコントロールすることがポイントになります。
自分にあった改善策を立てて、日々の生活の中で続けていけることが大事になります。


生活習慣の改善

内臓脂肪の増加はテストステロンの低下を招きます。そして、テストステロンが落ちると筋肉が落ち、脂肪が増えるという悪循環を辿ります。逆に筋肉が増えれば、脂肪の燃焼が高まり、好循環に向けることになります。
食生活を奥様とよく話し合って、改善していくことが大事になります。また、飲酒も飲みすぎず、週に2日は休肝日を設けましょう。飲酒は睡眠を浅くします。テストステロンは睡眠中に精巣で作られます。質の良い睡眠でテストステロンを増やしましょう。
運動は即効性があり、おすすめの手段になります。ただ、普段運動していない人が、いきなり何をということになります。まずは、できることからということで、通勤時に一駅手前で降りて歩く、早足で歩くなどといったことから始めて、続けていくことが大事になります。
ある程度運動している方は、有酸素運動や筋トレは効果的なので、ランニングや水泳、筋トレは下半身の強化が良いです。下半身には全身の筋肉のうち7割がついているので効果が大きいですし、下半身強化は勃起力にも効果大です。

ストレスを緩和し、貯めないように

テストステロンの減少で一番大きな要因はストレスです。50代男性は責任世代。家庭で会社で大きなものを背負いストレスは常にのしかかります。
そのストレスを少しでも緩和し、貯めない工夫を是非していただきたいです。ポイントの一つは人間関係です。会社もそうですが、まずは家庭が円満であることが何よりです。奥様との会話やスキンシップを大切に、家族との時間を作り、リラックスできる家庭環境を作りましょう。
ストレスを溜めないということでは、男同士の付き合いを大事にすると良いです。ただし飲み過ぎには注意です。そして、趣味などに没頭する時間を作りましょう。ストレス解消に効果を発揮しますし、いずれも男性ホルモンが活躍する場面なので効率の良い方法になります。
いずれにしても、自分がイキイキできる環境を作っていくということが大事なことになります。

50代の精力回復サポートサプリ

生活を見直す努力とともに、効果的にサポートする天然もののサプリメントをおすすめします。


クラチャイダム

クラチャイダムゴールドのポイントは3つ。
圧倒的なクラチャイダム含有量!

クラチャイダム含有量が1箱あたり「17,400mg」、ほかの競合商品の場合1箱あたり「7,000mg」~「9,000mg」が一般的。
つまり、2倍近くのクラチャイダムが入っているわけです。パワーが違います。


楽天ランキング1位2位独占!

楽天の健康サプリのウコン加工食品部門で1位、2位を独占しました。
スポーツ新聞で見たことがある、ラジオで聞いたなどその商品名を知っている人も多いのではないでしょうか。


驚異のリピート率90%!

どう思いますか? リピート率90%
これは定期コースを申し込んでいる人のデータですが非常に高いです。


↓↓クラチャイダムゴールドの公式HPはこちら↓↓



牡蠣


海乳EXは、なんといってもリーズナブル。

定期購入なら1日約32円 通常購入でも1日約63円。継続して毎日飲みたいものなので、この価格は魅力です。


↓↓↓海乳EXの公式HPはこちら↓↓↓
海乳EX【定期押しバナー】



大人のカロリミット


男性ホルモンにとって肥満は敵です。
男性ホルモンの低下が肥満を助長し、肥満が男性ホルモンの低下をさらに招くという悪循環を断ち切ることが大事です。


大人のカロリミットは、1日あたり約93円で続けやすいです。1日1回、気になる食事のときに飲みましょう。1日の目安は4粒。
粒タイプなので持ち運びに気を使いません。外出先でも食事を楽しみたいときに飲みましょう。


↓↓↓大人のカロリミット公式HPはこちら↓↓↓