勃起薬おすすめ

中折れはなぜ起こる? | 今から始める中折れ対策

あれ? どうしたのかな?
中折のあった夜は、なかなか寝付けず、翌日もなんともモヤモヤ、自信も揺らいだまま日々を過ごすことになります。再びその日を迎えるにも、今度はいけるのか?とどこか不安がつきまといます。


こんな中折れ気分を払拭するために、自分の体に何が起きているのかその原因を知り、生活習慣の改善にも挑戦しながら、対策を実行していきましょう。


<<<放っておけない、男性ホルモンアップに挑戦>>>

中折はなぜ起こる?その原因とは

中折はセックスをしているときに、勃起が解消してしまうことです。中年になるとよく起こる現象でもあります。
原因としては、加齢によりcGMP(サイクリック・グアノシン・1リン酸)の活動が弱くなっているか、性的な興奮を脳が維持できず、勃起指令を出し続けられなくなることが考えられます。


勃起は五感から性的な刺激を脳が受けて、脳が性的な興奮状態になり、勃起指令がペニスの勃起神経へと届きます。この神経や血管からNO(一酸化窒素)が作られ、ペニスの海綿体内の平滑筋に作用することで、動脈から血液が流れ込み、海綿体が充血し、その血圧で勃起状態となります。

cGMP(サイクリック・グアノシン・1リン酸)とNO(一酸化窒素)

cGMP(サイクリック・グアノシン・1リン酸)は、NO(一酸化窒素)が海綿体内の平滑筋に働きかけることで、平滑筋の細胞内で作られます。そして、cGMPの作用によって平滑筋が弛緩して、海綿体の空洞に血液が流れ込みます。


高血圧やうつ病、朝勃しないなどは、ベースにNO(一酸化窒素)の不足があります。そして、このNO(一酸化窒素)を作り出す働きをになっているのが、男性ホルモン(テストステロン)になります。


NO(一酸化窒素)は、神経伝達物質の一種で特に性的興奮をペニスに伝えます。うつ病も脳の神経のNOが少なるにつれて神経同士のつながりが円滑でなくなり発症リスクが高まります。

中折もED(勃起不全)のうち

加齢とともに男性ホルモンのテストステロンは減少します。テストステロンが急激に減少することを抑えることが大事になります。また、パートナーとの普段の生活にも工夫をすることで、常に刺激を与え、セックスへの関心を高めることも、大切なことになります。
40代、50代の男性の性機能低下の現実は思っている以上に多くいます。40代で4人に1人、50代は2.5人に1人の割合でED(勃起不全)ではないかと言われています。


EDの原因は、大まかに心因性と器質性の2つに別れます。また、この両者の混合性の3タイプになります。
心因性は体にはEDを起こすような異常が見られないが勃起がうまくいかない場合です。器質性の主な原因は血管と神経です。動脈が詰まって十分な血液が海綿体へ流れない。また、糖尿病で神経がやられて勃起力が弱くなる。放おっておくと勃起しなくなることがあります。

中折れ・ED(勃起不全)の改善対策

男性ホルモンは男性を病気から守り、寿命を延ばす働きがあります。40代、50代の男性にとって、男性ホルモンの急激な低下が、男性機能低下だけにとどまらず、大きな病気へのきっかけになっていくものと認識しましょう。男性ホルモンをコントロールして精力改善に励みましょう。


中折れ、EDの予防と早期発見

どんな病気でも、予防と早期発見は大事です。
男性ホルモンは体内で生成されますが、20代前半をピークにその量は毎年少しずつ減少していきます。40代、50代になれば、加齢による減少は避けられません。この点についてはいかんともしがたいところです。しかし、男性ホルモンの減少の原因は、その他に、ストレスや生活習慣の悪化による肥満があります。ストレスの影響は大きく、40代、50代は家庭では子供のこと、お金のことなど、会社では責任ある立場で多くのストレスがかかっています。
生活習慣についても、仕事で食事が不規則になったり、偏ったり、運動不足になったりと、そうした生活が肥満を増幅させていきます。
こうした点を改善することが、中折れ、EDの改善方法であり、予防そのものになります。同時に常に状態をチェックすることで、早期発見に努め、さらに踏み込んだ対策を立てることに役立ちます。

朝勃ちチェックとED自己診断で早期発見

朝勃ちしてますか? ズバリこれは大事なバロメーターになります。一週間に1度もないようなら、これはと疑って見ましょう。1ヶ月以上ないとなれば、いよいよ病院で診察を受けてみることをおすすめします。
朝勃ちチェックは比較的簡単にできるので、定期的に確認していきたいものです。また、朝勃が少ないな、中折れが気になるという方には、ED自己診断をやってみてください。自分の状態がどうなのか把握することで、改善方法への取り組みの熱の入れ具合も変わってくることでしょうし、病院へ行く決断もしやすくなるでしょう。


ED自己診断
質問
Q1 勃起をしてそれを維持する自信はどの程度ある?
非常に低い 低い 中くらい 高い 非常に高い
1点 2点 3点 4点 5点

Q2 性的刺激によって勃起したとき、挿入可能な硬さになる頻度はどのくらい?
ない、ほとんどない たまに 半分ほど だいたい毎回 ほぼ毎回、毎回
1点 2点 3点 4点 5点

Q3 性交中、挿入後に勃起を維持できる頻度はどのくらい?
ない、ほとんどない たまに 半分ほど だいたい毎回 ほぼ毎回、毎回
1点 2点 3点 4点 5点

Q4 性交中、最後まで勃起を維持するのは困難?
ほとんど困難 かなり困難 困難 少し困難 困難でない
1点 2点 3点 4点 5点

Q5 性行為をした時、満足できる頻度はどのくらい?
ない、ほとんどない たまに 半分ほど だいたい毎回 ほぼ毎回、毎回
1点 2点 3点 4点 5点

結果
22-25点 EDなし。あなたの精力は正常です。今後も健康でいられるように予防維持行動をしましょう。
17-21点 軽度のED。精力が衰え始めています。今すぐ予防改善を始めましょう。
12-16点 軽度から中等度のED。勃起機能はメンタル状態を改善すると変化することもあります。
8-11点 中程度のED。生活を改善しても変化がない場合は、早めに医師に相談しましょう。
5-7点 重度のED。できるだけ早く医師の診断を仰ぐと良いでしょう。

男性ホルモンのコントロール対策で精力回復

男性ホルモンのテストステロンが年とともに減少することは自然現象で仕方ないことです。しかし、テストステロンが急激に減少すると、いわゆる男性更年期障害を引き起こします。その状態をそのままにしておくと症状は悪化し、大きな病気につながることになります。
男性ホルモンをコントロールして、精力が回復すれば、再び自信を取り戻し、それによってさらに男性ホルモンが安定するという好循環を維持していきましょう。


男性ホルモンのコントロール手段は3つ。①運動する。②ストレスを緩和して貯めない。③バランスの取れた食事をする。こうした毎日の生活習慣の改善と良い生活習慣の継続がベースとなれば、あなたの精力回復は薬による一時的なものでなく、本物といえます。
男性ホルモンコントロールの8っのポイントを紹介します。3っの手段を実行する上で、取り込んでいってもらいたいものです。


男同士で遊ぶ

男同士でつるんでいると、意識せず自分のテリトリーを確保しようとしています。これが男性ホルモンUP!に良いのです。気の合う男同士でいることが、ストレスの解消にもなり、これもまた良しです。


夫婦の会話を大切にする

家庭が心休まる場所であることは大事です。そうした心が穏やかになる場所が男性ホルモンアップに欠かせません。家庭が心休まる場所になるには、妻とのコミュニケーションが大事です。家族全員で何かするなど、ストレス解消にも大いに貢献します。心も体もリラックスできる家庭を持ちましょう。


睡眠時間は7時間を確保

男性ホルモンは睡眠中に体内で生成されます。できるだけ12時前に寝ることを心がけましょう。また、疲れやストレスは男性ホルモンの低下の原因です。質の良い睡眠でしっかりとリフレッシュすることが大事なのです。


飲み過ぎに注意

仕事の付き合い、また男同士の付き合いでもお酒は欠かせません。お酒を飲んでストレス発散、人間関係も円滑になる効果はありますが、飲み過ぎは逆効果です。眠りが浅くなり、肥満の原因にもなります。これらは男性ホルモン低下につながります。飲みすぎず、週に2日は休肝日を持ちましょう。


食事は腹八分目

40代、50代になって、昔と変わらずお腹いっぱい食べていると太ります。自分の好きなものばかり食べていると間違いなく偏った食事になります。奥さんに相談して、食事に気を使っていくようにしましょう。そして、肥満の元になる食事は改善していくことが大事です。
肥満は男性ホルモンの低下を招き、男性ホルモンの低下は肥満を助長します。マイナスのスパイラルになっていきます。


運動しよう

男性ホルモンの回復に、運動は最も早く効果を発揮します。家での中でできる筋トレでもいいです。有酸素運動は特におすすめです。ジョギングや水泳。生活の中のでできる運動を工夫してみるのも良いです。例えば、通勤中速歩で歩くとか、歩く距離を多くするなど。人間の筋肉の7割が下半身にあります。スクワットや足を使う運動で下半身を鍛えると効果的。もちろん下半身の筋肉は中折れ防止にも大いに貢献します。
とにかく、自分にあった運動を見つけて、続けていくことが大切になります。また、ストレス解消にも大いにプラスになります。


新しいことに挑戦する

好奇心旺盛で、新しものが好き、また冒険心が起きるのも男性ホルモンの特徴です。こうしたことに積極的であると、男性ホルモンの生成に良い影響を与えます。新しいものを買ったり、おしゃれを楽しんだり、新しいことに挑戦することは人生においても大事です。


没頭できる好きなことを持つ

社会に出て、責任世代はとにかく仕事が忙しい。なかなか自分の時間を作ることが難しいのは承知しています。しかし、自分の好きなこと、趣味を持つことが大切です。さらに、のめり込むことが良いのです。好きなことに没頭している人は、男性ホルモンUP!です。


勃起薬おすすめ

男性ホルモンの改善に取り組みつつ、さらに効果的に改善させるために、おすすめする勃起薬を紹介します。
まず、あげられるのが、バイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬です。これらは、中折などのEDの症状に対して、即効性のある薬です。服用するには、医師の処方箋が必要になります。
しかし、病院へ行くのが恥ずかしい、億劫だと言う人がほとんどです。そうした方々には、男性ホルモンUPをしっかりサポートする安心安全の天然物のサプリメントをご紹介します。

<<<男性ホルモン・メタボ対策のサポートサプリランキング>>>