勃起薬おすすめ

男性ホルモンが減れば、勃起力も下がる

女性ホルモンはよく耳にしますが、男性ホルモンはいかがですか?
男性ホルモンは総称でアンドロゲンと呼ばれます。アンドロゲンの量には個人差があり、多い人と少ない人では3倍もの開きがあると言われます。
その差が、性格や身体的な能力にも影響を及ぼします。いわゆる男らしさと言われる要素は、アンドロゲンの量で左右されるのです。


男性ホルモンの減少によって出て来る症状としては、女性の更年期障害によく似ているのですが、女性よりやる気の低下などの精神面に影響が出やすいです。
また、女性は閉経によって女性ホルモンが一気に低下するので、その症状も認識しやすいですが、男性は年とともにアンドロゲンが除々に減少するので、認識しづらいのも事実です。


男性更年期障害の症状

男性更年期障害の症状は大きく分けて3つあります。
①仕事に集中できない、さらに、好きなことにもやる気が出ない、イライラは募る、疲れる、だけど眠れない。など心の症状が出ます。
②肩こりや腰の痛み、耳鳴りがする、体がほてる、寝汗をかくなどの体に出る症状。
③勃起しづらくなった、性欲がわかないなど精力減退の症状。
むぅぅぅ…。これはきてますね。


男性ホルモン減少の原因はなに?

ひとつ目は、男性ホルモン(アンドロゲン)の代表格であるテストステロンの量は10代後半から20代前半がピークで、その後加齢とともに減少を辿ります。ピークから10年ごとに平均9.2%ずつ減少していきます。


ふたつ目は、ストレスです。これが最大要因。40・50代は会社や家庭の両方で大きなストレスを抱えることになります。リラックスできる場所が少ないです。


3つめは、運動不足が続き、食生活も偏りがち、そんな生活は生活習慣病の温床となり、ホルモン低下の悪循環につながります。


中年の域に入り、いかがですか?気になる症状はありますか?
自己診断はまず朝勃ちがあるかどうかチェックすることです。アンドロゲンは性欲を高める働きを持っています。その低下は性機能低下に直結します。
ですから、朝勃ちが1週間以上ないならアンドロゲンの低下を疑う必要ありです。


朝勃がないという方には、病院へ行くことをおすすめします。
しかし、病院へ行くのは気が引けるという方、ホルモンコントロールに挑戦してみてはいかがでしょうか。


日々の生活の中で、①運動する。②ストレスを和らげる。③バランスの取れた食事をする。
ご家族の協力もお願いして、無理せず続けていきましょう。


ホルモンは自分の体内で作られています。ホルモンが作りやすい環境を整えてあげるということです。
食材から吸収される栄養によって、ホルモンがより生成されやすい環境を作ることができます。
単身赴任の方や生活が不規則な方には、そうした栄養を簡単に摂取できる天然素材のサプリメントが効果を発揮します。


<<<男性ホルモン改善を助ける天然成分サプリおすすめ>>>